てっチャンネルのブログ

ガジェット大好きおっさんが普段の生活をつらつらと語っていきます。

フレッシュネスバーガー

どもー、おっさんです。今日のオフは久々にモスバーガーに行こうかと思い、探すと遠い、というか、名古屋駅まで行って、さらに歩く、といった感じで、気分が乗らず断念。でもハンバーガー食べたい、といった、わがままなおっさんを諭して、味はモスとドッコイのフレッシュネスバーガーにこんにちは。

 

定番のテリヤキチキンとコールスローサラダとコカコーラゼロのLサイズを注文するも、コールスローサラダが売り切れ・・・仕方がないので、代わりにフレッシュネスバーガー(え?どこが、何の代わり?というツッコミは受け付けておりません)を注文。オニオンリングも捨てがたかったのですが、カロリーを気にして断念(充分じゃないのというツッコミは受け付けておりません)。

f:id:tecchannel:20170911154720j:imagef:id:tecchannel:20170911154735j:imagef:id:tecchannel:20170911154738j:imagef:id:tecchannel:20170911162342j:image

実は、モスとフレッシュネスは似てます。とにかく似てます。何が似ているのかというと、「手作り感」です。マク○ナルドやロッ○リアなんかは、言うなれば、既製品。モス、フレッシュネスはオーダー品とでもいうのでしょうか?注文頻度の高いものを作り置きして、待ち時間の少ないマッ○なんかは合理的なオペレーション(作業)ですが、どちらかと言うと、若者向け。モス、フレッシュネスは注文が入って作り始めるオペレーションですから、混雑時には待つこと数十分ということも。

 

おっさんはおっさんなので、空よりも高く、海よりも深い気の長さで、美味しいもののためなら待てます、待ちます(でも、行列には並びたくありません)。今ではスマホタブレットという暇つぶしにはもってこいのアイテムがありますから、座って待つ分にはさほど苦労はしません。

 

さて、モスとフレッシュネスは似てますが、バンズ(パン)が違います。モスはオーソドックスなのに対して、フレッシュネスは黄色く甘いんです。賛否両論ありそうですが、おっさんは、これはこれでありかな、なんて思ってます。美味しさが正義です。野菜はモスの方が美味しい感じはします。これは、おっさんの憶測ですが、モスはあえて、野菜やパティ(お肉)の美味しさを引き出すためのバンズを使用して、フレッシュネスは全ての一体感を出すためのバンズを使用してるのでは?と考えてます。おっさんの中では、1位モス2位フレッシュネスの順番は変わりません。

 

今は名古屋にいますが、博多の自宅では、歩いて5分の距離にフレッシュネスバーガーがあるものの、おっさんはわざわざ、博多駅のモスに足を運びます。たまに、ホントたまにですが、自宅から歩いて15分のモスにも行きます(たまにチャリで)。さあ、あなたは電車で15分のモスと歩いて15分のモスとどちらを選びますか?

そうです!おっさんだから、基本的に横着者なんですよ、ええ。

 

ということで、それじゃあまた、バッハッハーイ

蕎麦

どもー、おっさんです。今日はオフで、名古屋に来て、毎月一回は行っている、名古屋駅前のJRゲートタワー12Fの「松玄」さんにおソバを食べに行きました。3度目です。いつ来ても多いですが、今日は待たずに、カウンターへと案内されました。年配の店長らしき人がおっさんが座るタイミングで、どこぞの一流ホテルばりに、椅子を前に出してくれました。グッドタイミングです。おっさんは、季節関係なく、ほとんど、ざるを頂きますが、ここのはセイロって言うんですね。松玄のランチタイムは、このセイロに天ぷらか親子丼が付きます。

 

さてさて、実はこの親子丼が目当てで通うお客さんも多いのだとか。この親子丼、なんと、なーんと「名古屋コーチン」を使っているのですよ。知ってる方は知ってると思いますが、「名古屋コーチン」は秋田の「比内地鶏」鹿児島の「さつま地鶏」と並び称される「日本三大地鶏」の1つなんですよ。ただし、たしか「比内地鶏」は天然記念物のため、比内地鶏そのものを頂くことはできず、交配させたもの、いわゆるミックスになるわけですが、これは仕方ないですな。

 

さて、こんなこと言ってる間に、運ばれてまいりました。まずは、親子丼。鶏肉は先ほどの「名古屋コーチン」です。卵は「まんげつ濃厚卵」という、初めて耳にしますが、愛知県産の黄身が濃厚な卵ということです。

 f:id:tecchannel:20170830154141j:imagef:id:tecchannel:20170830154304j:image

我が福岡にも「つまんでご卵(らん)」という、糸島市でとれる卵がありますが、これは黄身を生のまま箸でつかんで持ち上げられる卵がありますが、そんな感じの卵なんでしょう。

 f:id:tecchannel:20170830154208j:image

で、さっそく頂きます。親子丼の卵は半熟でトロトロしてます。壊すのがもったいないですが、ここは日本男児、思い切りが大事です。口に入れるとまず、卵の香り、続いて、甘み、が口の中を駆け回ります。「生きてて良かったー」と涙ぐむ瞬間ですね。鶏肉は、皮がコリコリと、間違いなく地鶏の食感です。「美味い!」以外の言葉が見つかりません。親子丼は、新鮮な卵と、美味しい鶏肉と丼ツユのかかった熱々のご飯が一体となった、言わば、宇宙です。決め手はミツバというのも欠かせないところですね。

 f:id:tecchannel:20170830154222j:image

そして、メインのおソバです。色は更科と田舎ソバの中間でしょうか。しっかりと香りがします。ツユは、うーん、九州人のおっさんには少し酸っぱい?感じがします。九州の醤油は比較的甘めなんです。でも、ソバの香りに負けてません。10分で無くなりました。最後に忘れてはならないのが、「そば湯」ですね。おっさんは半分をソバつゆに入れ、次に「そば湯」そのものを飲みます。もう〜満足です。ごちそうさまでした。

 f:id:tecchannel:20170830154329j:image

てなわけで、腹ごしらえに同じビルの9Fにある BIC CAMERA に寄り、iPad Proのケースを探しに行きましたが、種類が少なく断念。それから、Wi-Fiの使えるドトールに行き、ケーキとコーヒーのセットを注文して2時間くらいで帰りました。1日は早いので、なるべく早起きして、有効に過ごします。それじゃあまた、バッハッハーイ

 

 

【無料】英語は誰でも話せる?

 

本文:

 

 

この本は英語学習の本ではありません。

なので、読んだからと言って、
英語のテストでよい点数が取れるとか、
TOEICのスコアが上がるとか、、

そういったことは決してありません。

単語力も増えません。
フレーズや熟語も覚えられません。
文法も理解できるようにはなりません。


しかし、、、


英語は”話せる”ようになります。


世の中には、
決して「上手い」とは言えない英語なのに、
なぜかネイティブと普通に話せる人がいます。

彼らの多くは、単に英語で
コミュニケーションができるだけでなく、

相手を笑わせたりしながらうまく惹きつけ
あっという間に仲良くなってしまいます。


いわゆる「外国人ウケ」がいいのですが、
実は、こういう人たちが共通して
ひそかにやっていることがあります。


これを知ると、
あなたはもしかしたら

「え、それでいいの?」

とびっくりするかもしれません。

あるいは、、、

「ちょっとズルいな」

と思うかもしれません。

そんな方法が書かれた1冊です。
↓ ↓ ↓
英語を話さず外国人と仲良くなる方法


PS
今なら無料プレゼント中です!
こちらから今すぐ無料で受け取ってください。
↓  ↓  ↓
無料で受け取る。

http://directlink.jp/tracking/af/1464474/ugAiuzDJ/ 

 

CoCo壱のカレーうどん

どもー、おっさんです。先日のオフにカレーが食べたくなり(ホントはフレッシュネスバーガーに行く予定でした)、近くのCoCo壱にやって参りました。

 

博多と名古屋のうどんの違いは、麺が柔らかいか硬いか、という違いはあります。博多は全体的に柔らかいけど、歯応えはちゃんとある(コシ?)、です。名古屋はどこ行っても硬め、博多のラーメンの「替え玉」で言うところの「バリカタ(お湯に入れて20秒くらいでしょうか)」くらいの硬さがあります。その上が「ハリガネ(同じく10秒)」そして最上級の「ナマ(お店によって違いはありますが、1秒)」があります。変な文化。

 

で、今日のCoCo壱では、「カレーうどん」と「ライス(このライスがあとで大きな仕事をしてくれます)」をチョイス。出てきたカレーうどんは超熱々です(いいぞいいぞ〜 )

 f:id:tecchannel:20170809230726j:image

まずは、麺だけ先に食べます。おっさんは何と言っても「猫舌」です。口の中をヤケドしないように、10回はしつこく、フーフーします(分かってくださる方も多いと思いますが、それでもヤケドします)。麺だけだと飽きてくるので、時々ネギやお肉なんかも少しだけ口に入れても良いと思います。麺がなくなるまでは、ライスに手をつけちゃダメです(おっさんは猫舌なのでてって的に冷まします)。

 

さて、麺がなくなったところで(ここまでカレーはしつこく熱々です)、カレーにライスを投入です。カレーが熱いので、冷めたライスがグッジョブです。ここはお行儀悪く食べるのを推奨します。

 

ライスの白い部分を残してカレーライス風に食べてもOK ! 全〜部食べてもOK ! この段階でも、フーフーは続きます。ニャンコもビックリの猫舌です。自覚してます。

 

久々に(なん年ぶりでしょう)CoCo壱来たら、こんなメニューが出てたのでご紹介してみました。カレーうどんの後にカレーライスも食べれて、2度美味しい ♪ 大事なとこなので、もう一度言います、2度美味しい ♪

 

こんなお行儀の悪い食べ方は、おっさんが何年も前に、とあるうどん屋さんで発見した食べ方でした。そのときは、おにぎり2個でしたが。

 

ちなみに、CoCo壱カレーうどんとライスで、¥802でした。たけ〜よ。

 

それじゃあまた、バッハッハーイ

iPad Pro 10.5レビュー その3

どもー、おっさんです。さてさて、今日はセブ島でブログ更新です。フィリピンはこの時期、雨季ということもあって、雨が降ったり止んだり、晴れたり曇ったりです。初フィリピンです。おっさんは治安上の意味もあって、どちらかというと、沖縄の方が好きです。今、泊まっているホテルは「シャングリ・ラ マクタン」という、なんと、なーんと、5つ星ホテルです。何が5つ星かは知りませんが。

 f:id:tecchannel:20170807145821j:imagef:id:tecchannel:20170807145824j:imagef:id:tecchannel:20170807145836j:imagef:id:tecchannel:20170807145848p:image

さて、iPad Pro10.5を使い出してから、2週間が経ちました。まだまだ機能面では確認していないことの方が多いのですが、それはまた、iOS11がアップデートしてからということで。

 

前回、キーボードについて書きましたが、今日はPencilについて。おっさんは前のiPad Proは持っていないので、残念ながら比較はできませんが、素直に書き味なめらかだと思いましたね。ついでに、昔、書道をやっていたので、どうしても書道アプリを入れたかったので試してみました。

f:id:tecchannel:20170709164422p:image

大したことはなかったです。見逃してください。

6段でも毎日、練習をしないとこのざまです。何事も基本が大切です。

 

Pencilは変わりなく、本体の方がPencilに合わせてきた感じですね。

f:id:tecchannel:20170709164928j:imagef:id:tecchannel:20170709164949j:imagef:id:tecchannel:20170709165019j:image

そして、このPencilCase!¥3,200です。革製ですが、たけーよ!ですね。合体させると¥14,000也。ぐぬぬ

これからは、時間を見つけて写生したいと思います。

 

まあ、手にして2週間ですが、買ってよかったです。9月のiOS11が楽しみです。

 

どうでもいいんですが、iPhone、iPadProとも、何も設定し直していないのに、勝手に現地時間に変わっていました。日本との時差は1時間遅れです。賢か〜

 

それじゃあまた、バッハッハーイ

 

お金の話

 http://directlink.jp/tracking/af/1464474/lZbUeWjF/

 

セブ島旅行 その2

どもー、おっさんです。結局、後ろの席の子供に起こされました。パパは日本語で話しかけ、ママはワケのわからない言葉で(スワヒリ語?)話しかけているのに、子供は普通に意思の疎通ができてるみたいです。でも、子供は日本語で話すみたいな。そっちが気になって余計眠れなくなってしまいました。はあー

f:id:tecchannel:20170709171403j:image

起きがけに外の風景をiPadProで撮ってみました。一瞬、飛行機が逆さまに飛んでいるのかと勘違いを(寝ボケて)してしまいました。そう、飛行機は雲の上を飛ぶんです。めまいがしました。さて、あと2時間の地獄です。ここで、食事タイムです。やりとりはその1で。プォーク、なかなか美味しかったです。

 

そうこうしているうちに、もうすぐ到着です。心臓、体の動き、思考、全てが止まる一瞬です。翼が怪しい動きを始めました。もうダメです。のちほど・・・

 

今日のパイロットの離陸の仕方はとても上手でした。地面に接した瞬間の振動がなかったです。生き返りました。感謝感謝です。ただ、思い切り疲れました。久々に自分の荷物と再会です。これから、ホテルまで30分とのこと。現在のフィリピンの大統領は麻薬に大変厳しいらしく、ホテルの入り口で麻薬犬がバスの周りを回ってます。犬が立ち止まったらアウトらしく、なぜかバス内に緊張が走ります。ナゼ?

 

どうやら、セーフらしく、バスはホテル内に入って行きました。入り口からホテルのロビーまで10分近くかかりました。どんだけ広いんでしょうか?

 f:id:tecchannel:20170709203932p:image

ホテルは「シャングリ・ラ マクタン」という5つ星ホテルだそうです。部屋に着いて風景を撮りました。

f:id:tecchannel:20170709174700j:imagef:id:tecchannel:20170709174707j:image

プールの上の方に海が見えますが、あとは何が何やらですね。1時間後に営業会議です。変わった会社です。

f:id:tecchannel:20170709174940j:imagef:id:tecchannel:20170709174948j:image

昨夜と同じ場所を撮ってみました。綺麗ですねー。感心しました。海は残念ながら、濁ってます。

 

こんな感じでゆっくりと過ごしますね。それじゃあまた、バッハッハーイ

 

 

土用丑の日

どもー、おっさんです。今年もやって参りました、鰻の日 ♪もとい、土用丑の日。今年はもう一回、8月6日も土用丑の日だそうですね。おっさんは、だいたい毎年土用丑の日に鰻を食してます。

 

そもそも、土用丑の日に鰻を食す習慣は江戸時代だそうで、鰻屋の主人が鰻が売れずにとある人物に相談に行くと、その人物が店の前に「本日、土用丑の日」と書いたところ、お客がわんさかと入ってきたとかで、これが、土用丑の日に鰻を食す習慣の始まりだとか。その人物がなんと、時代の発明家、「平賀源内」だそうです。電気屋さんじゃなかったんですね。ですから、季節柄、暑くて体力がなくなったら、鰻を食べると良い、というのは後ずけの理由ですが、まんざらじゃないと思うのは、おっさんだけでしょうか?

 

さてさて、まだ名古屋ですが、見つけました、美味しいお店。

場所は、昭和区の白金というところにある、「うな富士」です。

f:id:tecchannel:20170725224016j:image

店構えは、割とこじんまりした感じのお店で、雨の予報だったので、お店の前に、テントを設置しており、この日にかける意気込みが感じられました。お昼12:00すぎに行くと、まあいるわ、いるわお客の列。看板娘に名前と人数を告げ、待ち時間を聞くと、1時間前後とのこと。近くのコンビニで時間を潰し、45分後に戻ると、先に注文して、そこから5分して名前を呼ばれ、2名同士で相席と相成りました。先に注文しており、席に着いて待つこと10分、ようやく「上うな丼」が運ばれてきました。うな丼と吸い物のフタを開けるとほんわかと湯気が立ち上がり、鰻の香ばしい香りが一瞬立ちこめます。

 f:id:tecchannel:20170725224039j:image

お盆に乗っているものはというと、「鰻の粕漬け」?でしょうか、意外と合います。そして、「白菜メインのお新香」、薄味です。それから、鰻の肝が入った「肝吸い」、これは外せませんね。お麩もカラフルでかわいいです。さていよいよメインのうな丼。「上」が付くと鰻が丸ごと1匹分入っているそうで、ご飯を覆い隠しています。鰻の表面はパリパリで中は柔らかです。ご飯も熱々で、ガッツクと間違いなくヤケドします。その前にお茶で舌をヤケドしました。

 

さあ、食べ進めて行くとご飯の下から又、鰻が出てきました!こんなサプライズ初めて。なんて良心的なお店なんでしょう。久々に本物の美味しいお店に出会えました。また、8月に入って、今度は愛知県名物の「ひつまぶし」を食べに行きますよ。残念なことが1つ。値段が、普段は「上うな丼」で¥2,600なのに、土用丑の日価格で¥4,320になっていました。ひつまぶしも同じ値段でした。でも、ここは超オススメのお店です。

 

それじゃあまた、バッハッハーイ

 

iPad Pro 10.5レビュー その2

どもー、おっさんです。なかなかブログの更新が捗りません。iPad Pro10.5ですが、一緒に購入したものは、もちろん、純正のキーボード(US)、Apple Pencilとそのケースです。本体は256GBのスペースグレーでセルラーWi-FiSIMフリーモデルです。Apple StoreにOnlineで注文しました。

f:id:tecchannel:20170709000705j:image

以前はiPadAir2でauで買いました。これはこれで気に入っていたんですが、最近、仕事でも使うようになって、16GBだとどうしても容量が足りず、この1年間前のiPad Proを買おうか、どうしようか、と思い悩んでいたところ、3月に新iPadが発表され、買うならiPad Pro2だと決心し、この度、購入に至った、というわけです。

 

まずは、本体のサイズ。写真だとどうしても、黒い部分で比較しがちですが、パッと見た目ではわかりませんでした。実際に電源を入れて使ってみると、ベゼルは狭いし、画面自体が大きくなっているのがわかります。縦は1cm、横は5mmくらいの違いですが、画面は20%大きくなった、と何かに書いてありました。

 f:id:tecchannel:20170709161332p:imagef:id:tecchannel:20170709161342p:image

予想でも、次期iPadProは10.5インチになる、なんて言ってましたが本体サイズは9.7インチで画面サイズが10.5インチになるとばかり思っていましたね。正直、Appleには、この9.7インチは守って欲しかったです。はい。

 

感動したのは、音。さすが、4スピーカー、ステレオサウンド。これほどとは思ってもみませんでした。以前は16GBで音楽は入れてませんでしたし、メモリーも4GBで違いは明らかです。夜はSADEを聴きながら、ブログ更新しています。快適、快適 ♪

 

ただ、惜しむらくは、iPadAir2のキーボードが使えないことです。慣れしんだという理由ですが。今はニューキーボードでブログを書いていますが、キータッチは 新しい方がいいです。ストロークも新しい方がいいです。あ、前のが全然負けてますね。さすがに純正といったところでしょう。負けているところは、セットと収納のシーンですね。前のはパカっと開いて、パカっと閉める、という1アクションずつだったのが、新しくなってからは、セット時は、パカっと広げて、パカっとくっつける、収納時はパッと外して、折り曲げて、パカっと閉じる、というように、アクションが増えました(わかりますかね?)。そして、新しい方は充電いらず。でも、でもですよ、チョッと高くね?

 

まだまだあります、今日はこの辺で、それじゃあまた、バッハッハーイ