てっチャンネルのブログ

ガジェット大好きおっさんが普段の生活をつらつらと語っていきます。

AirPodsカバー

どもー、おっさんです。日本列島が記録的な寒波に襲われて、冬眠しかかってたおっさんです。いや〜九州男児は寒さに弱いのです。

 

最近、おっさんは「バスソルト」なるものにはまってます。コレはまた別のお話ですが、Amazonで注文しようとして、選んだ後、2,000円いかなかったので、350円の送料がもったいない、と感じて、なんか探していたところ、おっさん愛用のAirPodsのカバーを見てましたら、なにやら良さげなものが…

f:id:tecchannel:20180115153706j:imageMADE IN CHINAなんですが、暗いところでは光るというので、また、ストラップ、カラビナ付きだったので購入することにしました。AirPodsを買ったのは2016年12月25日だったと記憶してますが、買ってからほぼ1年たってのカバーということで、なにやら新鮮な感じになってます。当時のブログを読み返しても、べた褒めしてますね。

 

到着後、休みの日にドトールに行って「開封の儀」

f:id:tecchannel:20180115154101j:imagef:id:tecchannel:20180115154105j:imagef:id:tecchannel:20180115154119j:imagef:id:tecchannel:20180115155325j:imagef:id:tecchannel:20180115154130j:imagef:id:tecchannel:20180115153638j:image

 

 

いくら、350円の送料を払いたくないとは言え、そのために1,000円ちょっとの買い物をするなんて、今考えたら笑ってしまいますが、後悔はそんなにしてません。

 

さて、サイズですが、シリコン製でスルッと入りました。最初はキャップの所が、隙間が空いてて、ガッカリしましたが、「ん、まてよ」と思い直して、グッと引っ張ってみると、あら、不思議!見事にフィットしました。

 Lightninngケーブルを差し込む所にも気遣いが…厚さはちゃんと測ってませんが、1mm以上2mm以下、まあ、1.2mmほどでしょうか。

色も何種類かありましたが、おっさんだから、赤はマズイかなと思い、白、というか、ツヤ消しの半透明です(シャツはピンクも着ますが)。シリコンなので滑らないことも良いですね。本体は割とツルツルしてますからね。 

 

結論!新しいガジェットを買っても、慌てて、急いでカバーを用意する必要なし、ということが身に染みてわかりました。まあ、買うつもりもなかった、というのはここだけの話です。

 

それじゃあまた、バッハッハーイ

外食チェーン「顧客満足度ランキング」

どもー、おっさんです。今日は、仕事始めで、しかも、毎月定例の名古屋での会議の日です。そして、新年会も開催なので、某ホテルへの新幹線の中から書いてます。おっさんは ビビリなので、飛行機はもとより、新幹線も怖いのです。眠れません…

 

さて、本日、タイトルの外食チェーン「顧客満足度ランキング」が発表されましたね。1位は「すし銚子丸」という回転寿司屋さん。知りませんが。2位におっさんが好きな「モスバーガー」♪

ちなみに、「マクドナルド」はベスト80に入ってません。以前にも紹介したことある「フレッシュネスバーガー」は7位。ふむふむ。

 

名古屋に出張で行ってた時に、週3回で行ってた「餃子の王将」が23位。おっさんはドトーラーですが、昨年カフェ部門で1位だった「ドトール」は部門で3位、総合38位で悔しいけど、「スタバ」の部門5位、総合41位には今年も勝ちましたね。大躍進したカフェ部門1位は、「星乃珈琲店」で総合25位。ついで総合30位の「コメダ珈琲店」となってまして、おっさんも今度、機会があれば行ってみようと思います。

 

おっさんが注目したのが、ステーキ屋さんで、おっさんも月一で行ってる「いきなり!ステーキ」が部門2位、総合15位と目立った存在になっており、部門1位は「ブロンコビリー」の総合10位ということですが、「ブロンコビリー」はハンバーグもやっているので、純粋にステーキのみで勝負しているのは、「いきなり!ステーキ」(ランチにはハンバーグメニューはあります)なんですが、ベスト80位にステーキ屋が3店入っていました。焼肉屋も上位に食い込んでいることを考えると、コレはやっぱり景気が上向いてることの証拠なんでしょう。

 

おっさんは、高級フレンチや高級イタリアンなんかは無縁だと思ってまして、どちらかいうと、B級グルメの方が性に合ってるというか、甲斐性が無いというか…あ、おっさんがまだおっさんでない時に、女の子と高級?フレンチに行ったことはあります。だから、一応、テーブルマナーは知ってます、ホントに一応ですが。

 

でも、やっぱりドトーラーとしては、ドトールに頑張って欲しいところではありますね。それじゃあまた、バッハッハーイ

2018年スタート❗️

どもー、おっさんです。皆さま新年明けましておめでとうございます。去年、良かった方も、悪かった方も良い意味でリセットされました。おっさんの今年のテーマは「挑戦」…ベタですが、職務的に今までと違ったことをやって行きますので、それに向けた決意表明ですね。

 

さて、おっさんはだいたい毎年、地酒をおとそにしますが、今年は何年かぶりの「天狗舞 山廃純米大吟醸」を購入しました。おっさんはコレが一番好きですね。石川県の車田酒造さんの看板酒だけあって、まず、口に入れた瞬間、アルコールの匂いがしません。飲みやすさ抜群で、やや辛口ですが、本物!って感じです。旨し。

 f:id:tecchannel:20180102142258j:image

地酒も色々とあるんですが、やっぱりコメどころと呼ばれる地方の日本酒はとっても美味しいですね。普段は芋焼酎ですが、正月になると、日本酒、しかも冷酒に限ります。おっさんがひいきにしているのは、山形県は「出羽桜」、新潟県は「久保田」、「〆張鶴(しめはりつる)」とこの辺が、ヘビーローテションです。昔は日本酒にも格というものがあって、特急酒、一級酒、二級酒に分かれていて、「本物」と言われるのは二級酒だったとか。なんでも酒税が関係しているそうです。

 

ですから、おっさんは、TVのCMに出る酒は買いません。酒職人が手作りで大量生産なんてできるわけないですから。だけど、ビールはやっぱり「ヱビス」という矛盾はご愛嬌ということで。

 

おっさんはお酒好きですが、ワインの味がわかりません。魚介類には「白」、お肉類には「赤」と区別することは知ってますが、まだ「本物」を飲んだことがありません。おっさんの信条は「本物」を経験しないと、口を出せない、と思っとりまして、ワインの「本物」と言えば、「ロマネコンティ」とか1本なん十万円もするようなお財布に厳しいものになってしまいますから、あと何年かかるのやら。

 

今年は、いい酒飲んで、それに負けないように仕事も頑張って、大晦日には、お風呂に入りながら、「今年は良い1年だったなー」と感慨に浸りたいものです。それじゃあまた、バッハッハーイ

銀閣

どもー、おっさんです。今日は、名古屋に行った翌月に訪れた、「慈照寺銀閣」について記します。

 

同僚2人と、同僚の車で、高速で行きました。行きはおっさんが運転。約3時間のドライブで、快晴だったのを覚えてます。金閣飛雲閣、そして銀閣と合わせて「今日の三閣」と呼ばれてます。「銀閣」は世界遺産であり、国宝でもあります。

 

時は室町時代、8代将軍足利義政が3代将軍義満の「鹿苑寺金閣」を真似て、引退後開基(創立者)となり、開山(最初の住職)が夢窓疎石とのこと。まあこの辺は中学時代の歴史で学んだ通りですが、wikipediaによるとこの、夢窓疎石という人物はこの頃よりも、1世紀前の人物とのこと。そしてこのような例を「勧請開山」というらしいです💦

 

おっさんはおっさんなので、あまり派手なのは好みません(おっさんじゃない頃もそうでしたが)

さあ、ご案内します。まずは入り口から

f:id:tecchannel:20171218160245j:imagef:id:tecchannel:20171218160309j:imagef:id:tecchannel:20171218160350j:imagef:id:tecchannel:20171218160633j:imagef:id:tecchannel:20171218160658j:image

最初の写真、「哲学の道」(ネーミングが素晴らしい)を通り、雰囲気の良い入り口から入り、

f:id:tecchannel:20171218164656j:image向月台の側に

f:id:tecchannel:20171218162000j:image出ました、国宝「観音殿」。f:id:tecchannel:20171218162456j:imagef:id:tecchannel:20171218162505j:imageそして、

1番の目的「東求堂」f:id:tecchannel:20171218162653j:imagef:id:tecchannel:20171218162714j:imagef:id:tecchannel:20171218162719j:image

f:id:tecchannel:20171218162857j:imagef:id:tecchannel:20171218162907j:image

ここから、坂道(石段あり)を登って行き、地味に疲れましたが、f:id:tecchannel:20171218163201j:imagef:id:tecchannel:20171218163226j:imagef:id:tecchannel:20171218163235j:imagef:id:tecchannel:20171218164655j:imagef:id:tecchannel:20171218163305j:image

ぐるーっと回ってf:id:tecchannel:20171218162212j:image「観音殿」の裏側を通り、f:id:tecchannel:20171218163526j:image

 雰囲気のある休憩所で一休み。おっと、一休さんて確か、義光の時代じゃないかと。ちなみに、義光は義政のじいちゃんです。

 

さらに、ちなみに、「室町時代、8代将軍足利義政が建てた寺を何というか?」という問題に対して「銀閣寺」と答えると、間違いです。「慈照寺」か「銀閣」と答えましょう。実際に、高校の入試問題になったそうですよ。

 

いや〜こういう歴史探訪すると、心が洗われますね。おっさんくさいですか?おっさんですもの、仕方ありません。もひとつ、ちなみに、金閣は金箔が貼ってありますが、銀閣は銀箔は貼ってありません。東求堂の畳の上で正座したくなりました。

 

京都って素晴らしいですね。それじゃあまた、バッハッハーイ

 

PR:不動産投資が熱い

https://toucier.com/lp/03/?mid=surprise

 

MonoMax1月号10周年特別付録

どもー、おっさんです。今年の寒さは異常だと感じている今日この頃ですが、最近、キャメル色のコートが欲しくて、色々と物色中の今日この頃でもあります。

 

おっさんは、基本的に色はネイビーが好きですが、ネイビーのコートを2着、茶色を1着、ベージュを1着、クリーム色を1着持っており、来年用にキャメル色のコートを探している状況です。

 

さて、たまーに買いますが、「MonoMax」という雑誌には時々、秀逸な付録が付きます。この雑誌の1月号(今月号)に「COACH」のボールペンと万年筆のセットにブリキのケース付きの付録が付いており、先月、予約をしてまして、今日、買いに行って来ました。かなりの人気だったみたいですよ。

f:id:tecchannel:20171212225705j:imagef:id:tecchannel:20171212225715j:image

見た目はキャップがプラスティックに見えましたが、オールメタル、金属です。

 

まずは、インクが出るまで、時間がかかる万年筆にインクをセットして(インク2個付き)、ボールペンから書き味を試してみました。

 

ボールペンは水性インクっぽく、書き味滑らかです。すごくいいですね。次に万年筆ですが、これも滑らかです。さすが「COACH」です。これから、システム手帳用に使いたいと思います。

 

万年筆を手にするのは、高校生の時以来でした。過去に「MonoMax」を買った時の秀逸な付録は、やはり「COACH」の目覚まし時計、「Barbour」(バブアー)の本革カードケース、「UrbanReserch」のバッグでした。

 

「COACH」というブランドは割と好きで、他には、茶色のメッセンジャーバッグ(オールレザー)を使ってます。最近気づきましたが、おっさん、茶色の革が好きみたいです。何を使ってるかというと、まずは、最初書いた、茶色のコート(ムートンのPコート)、iPhoneのケース、腕時計のベルト、前の長財布、先ほどのメッセンジャーバッグ、名刺入れ(コレは20年使ってて、いい色合いになってます)です。最近、財布は黒に変えました。

 

おっさんは、買い物にはルールがあります。以前も書きましたが、良いものを(少々高くても)長く使うことです(革製品は定期的に手入れを欠かしません)。良いものは、高いことが多いですが、高いものが必ずしも良いものとは限りません。そのくせ、衝動買いもたまにありますが、その時も、長く使えるかどうか、を自問自答しています。ただし、財布はヤフオクに出すので、定期的に買い替えます。やはり、良いものは高くで売れますよ。特にヴィトンはね。

 

と、まあ、こんな感じで欲しいものは、考えて、選んで、買ってますね。ということで、それじゃあまた、バッハッハーイ

「かみあぷ」さん、ありがとう

どもー、おっさんです。先日、大事件が起こりました‼️奇跡ですね。ご存知の方はご存知だと思いますが、「かみあぷ」というアプリがあって、おっさんの好きな「GRAMAS」という、スマホケースメーカーの「GRAMAS COLORS Rib」を10名にプレゼントするよーん、て懸賞があり、冗談半分で応募したところ、なんと、なーんと見事に当たりました。

f:id:tecchannel:20171121165257j:imagef:id:tecchannel:20171121181511j:image

f:id:tecchannel:20171121165314j:imagef:id:tecchannel:20171121181442j:image

 

 

応募総数755件中、10人ですよ。普段は冷静沈着なおっさんもこの時ばかりは、チョッピリ興奮しましたね、ええ、興奮しましたとも。これからは、スーツを着ている時は、

f:id:tecchannel:20171121155745j:imageでいこうと思いますが、私服の時はf:id:tecchannel:20171121160028j:imageでいこうと思います。

 

会ったことありませんが、「ともぞう」さん、ホントにありがとうございます❗️ま・だ 届いてませんが、先にお礼を言っときます。

 

(仕事中に)メールが届いてて、開けて見ると、

f:id:tecchannel:20171121160128j:image

いくらなんでも、今時、怪し過ぎません?いや〜普段だったら、この手のメールは詐欺だと思って、開けることもないでしょうが、この時だけは開けた、というか開いてしまった、というか。だいたいが、3秒でゴミ箱行きは間違いないところですが、思い当たる節があったので、読んでみると、やっぱり、思い当たる節があったもんですから、チャチャっと手続きしました。

 

 

 

GRAMAS Full Leather Case for iPhone 8/7 グラマス 手帳型レザーケース 本革 GLC626

GRAMAS Full Leather Case for iPhone 8/7 グラマス 手帳型レザーケース 本革 GLC626

 

 

 

しかし、当たるもんですね〜ハッ⁉️これってもしかして、限りある「運」を1個消費したのでは・・・

なーんてことは思いません、残念ながら。おっさんは、おっさんなので、失敗してもめげませんし、なんせ、成功すら望んでません。なぜなら、おっさんが、まだ、おっさんでない時に、出会った言葉「成功しようとする人間になるな、価値のある人間になろうとせよ by アインシュタイン」に人生初めて「感銘」を受けたからです。もちろん、今でも、座右の銘になってますが、その時は、「感動」したと思っていましたが、今ではハッキリわかります。おっさん流に解釈すると、「感動」は、ジーンとすること。「感銘」は目が醒めること。覚める、ではなく、醒めるです。おっさん、偏屈?

 

だから、普段の行動が変わってきました。ごく自然と怒らなくなりました。その瞬間、瞬間に優先順位というか、何をしたらいいのか、判断がつくようになって、怒っている暇がないというか、良いことは自然と褒め、違うことは、ハッキリと「違う」と言えるようになって、楽になりました。お陰で、自然と笑顔が増え、人当たりが良くなり、周りからの評価なんて気になることもなくなりました。

 

まあ、こんな感じで人生、うまく回ってますね。それじゃあまた、バッハッハーイ

究極の定食屋

どもー、おっさんです。やっと、やっと、や〜〜っと、博多に帰ってきました。半年ぶりです。名古屋は大都会で、散策するには困りませんでしたが、おっさんには都会すぎて、休みの行動が限られてしまいました。

 

おっさんは、おっさんなので、ざる蕎麦が大好物ですが、名古屋では、コレといった「つゆ」にめぐり合いませんでした。信州そばの「更科」なんか好きですが、やっぱり新そばの「田舎そば」には敵いませんね。決め手は「つゆ」になるんですが、シックリこない原因は、醤油にあるんじゃないかと。狭い日本でも、東と西では違いますし、ましてや、九州となると、言わずもがなです。

 

 さて、先日、博多に帰ったら、どうしても行きたかった定食屋さん、「真」に行ってきました。タイトルにもあるように、「究極」なんです。何が「究極」かと言うと、メニューを置いてません。種類が一種類しかありません。唯一のメニューは「サバ定食」。おっさんだから、お昼はお肉よりも魚が恋しい「お年頃」なんです。     

f:id:tecchannel:20171113165125j:image

ジャーン‼️

f:id:tecchannel:20171113165159j:imagef:id:tecchannel:20171113165305j:image

デカイ!デカイです!お魚さん、ありがとうございます。

 

13時過ぎにも関わらず、満席でした。おっさんは、お一人様だったので、待つことなく、カウンター席へご案内されました。

ご飯はおかわり自由で、お味噌汁は、白味噌仕立てです。豆腐と油揚げの具が泣かせます。お百姓さん、ありがとうございます。名古屋では、毎日、赤だしで鍛えられたので、白味噌の味噌汁だと、人間ダメになっちゃうんじゃないか、ぐらいに美味しいです。もう、味噌汁の時点で、「よくぞ、今日まで生きてて良かった」、思いました。 ご飯がまた、炊きたてです。唇に着いた一粒でヤケドしそうです。そして、お漬物と、冷や奴付きです。

 

さーて、いよいよメインの「サバ」です。気持ち分のキャベツの千切りを枕にして、少し立体的に盛り付けられています。一口、口に入れてみると、熱々で、塩加減は薄めです。正直、名古屋帰りなので、薄すぎます(名古屋の人って、体大丈夫なんでしょうか?)。←あくまでも、個人的な意見です。悪しからず。

 

もうね、ヤバイです。箸が止まりません。一心不乱に身をほじってます。3口目で気のせいか、ご飯がなくなりました。仕方がないので、伝家の宝刀、「おかわり」です。

 

ここで、となりのお客さんに声かけられました。フッと見ると、スキンヘッドのおっちゃんです。突然、心拍数が上がるのがわかります。もちろん、何も悪いことはしてません、たぶん。神様、お助けを〜の気分で、キョドリながら、どもりながら、以下、会話。

スキン「あの〜」

チラッと見て、仰天!

おっさん「は、は、はひ」と声が裏返る。

スキン「あのね」(あれ?)

おっさん「なんでひょう」と噛む

スキン「量が多くて冷や奴いらないんですけど」(え?おっさんに文句を言う?しかも、丁寧語になる?)

おっさん「え?は?はい?」

スキン「良かったら、食べてもらえませんか?」

おっさん「喜んで、いただきます!」(返事は、はい、かイエスよね?)

スキン「ちょっと醤油をかけ過ぎましたけど」

おっさん「だ、大丈夫です」

スキン「あー良かった」(おっさんも、違う意味で良かった!)

とまあ、こんあ感じで冷や奴を2個食べる羽目に。おっちゃん、ありがとう。次、話しかけるときは帽子をかぶってくださいね。

 

こんな感じで、博多の名店に行ってきました。途中から味わうことができなかったのが、悔やまれました。週に一度は行きたいですね。それじゃあまた、バッハッハーイ