てっチャンネルのブログ

ガジェット大好きおっさんが普段の生活をつらつらと語っていきます。

麦酒2

どもー、おっさんです。やって参りました〜暑い夏❗️と、その前に、今回の豪雨で犠牲になられた方々のご冥福をお祈り致します。

 

夏と言えばやっぱりビール‼️冬でも美味しいですが、夏はやっぱり格別ですね。今回のビールネタでは、新発見もあり、再確認もあり、ということで、自腹レビューですよん。

まずはこちら「COEDO Rurif:id:tecchannel:20180709153357j:image

味はクリアースッキリ、キレあり、フルーティーな香り。女性にはオススメですねー。ビール好きにはエビスのような一口目の「ズドン」というコク?が足りないですかね。もちろん、原料は、麦芽とホップのみのモルトビアーです。Ruriは瑠璃と書きます。wikiによると、なにやら仏教の七宝の一つだとか。七宝ってなんだろ?犬夜叉に出て来るキツネの子?瑠璃色はやや紫がかった鮮やかな青とあります。埼玉産でアルコール分5%、日本の定番ピルスナービール(下面発酵)で、全6種類あります。

f:id:tecchannel:20180709154450j:imageこんな色ですね。おー、綺麗じゃあーりませんか。好きな色です。

続いてサントリーさんの「TOKYO CRAFT」f:id:tecchannel:20180709154612j:image

大麦麦芽とホップが原料で、コレは…初代「サントリーモルツ」を彷彿とさせる味です。フルーティーでキレがありスッキリ!それでいてコクのある旨味。プレモルよりは美味しい!アルコール分は5%ペールエール(上面発酵)何杯でもいけそうですね。おっさんはおっさんじゃない頃からビール3ℓくらい飲んでました。

 

続いて「エビス マイスター」f:id:tecchannel:20180709163353j:image

何だコレは⁉️コレには参りました。降参です。無印エビスも美味いけど、コクキレ次元が違います。あちゃー参った❗️皆さん、コレは飲んでみるしかないです。マジで。

 

さて、次は「銀河高原ビールf:id:tecchannel:20180709163356j:image

宮沢賢治岩手県のビール。うーん、コク、キレ、香りが安定的によろしい。もちろん不純物なし。コレスキデス。上品な感じ。小麦をふんだんに使った「ヴァイツェンビール」。こだわりらしいです。女性に。

 

今日最後は「COEDO Kyara」f:id:tecchannel:20180709163359j:image

赤みがかった深い黄褐色。伽羅色。とあります。アルコール分5.5%。うーむ、コレはクセがありますね。おっさんにとって、コクとキレのバランスが良くないです。香りはよろしい。

 

COEDOシリーズ、あと4種類頑張ろう!

 

イチオシは、「エビスマイスター」ですねー。ちなみに、おっさんはビールを評価する時はツマミを食べません。それじゃあまた、バッハッハーイ

世界遺産 松本城

どもー、おっさんです。梅雨も真っ只中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?さておっさんは名古屋にいる間、なるだけ国宝を見て歩こう、と今回はちょっと足を延ばして信州は松本城に行ってきました。

f:id:tecchannel:20180626183836j:imagef:id:tecchannel:20180626183842j:imagef:id:tecchannel:20180626183839j:imagef:id:tecchannel:20180626183846j:image

松本城天守閣が国宝ということで名古屋から高速3時間の距離です。姫路城が「白鷺城」と呼ばれたのに対し、松本城は「烏城」と呼ばれました。確かに、く、黒い。

 

入城する時に靴を脱ぎ、ビニール袋に入れて持ち歩きます。コレは姫路城で学習済み。今までの城と違う所は、とにかく階段が急。感覚的には “壁” です。階段の脇に説明が書いてあり、角度、なんと61°。しかも、一段一段の高さが50㎝くらい。3回爪先を思い切り階段にぶつけました。

 

そうですね、アレですね。おそらく、敵に城内に攻め込まれた時、城主の家族が逃げる時間稼ぎのためなんじゃないかと。

f:id:tecchannel:20180626185852j:image天守閣から見た東側
f:id:tecchannel:20180626185847j:image南側
f:id:tecchannel:20180626185838j:image西側
f:id:tecchannel:20180626185844j:image北側

おっさんは好きです。この「歴史と現代の融合」とも言える空間。将来はお城くらいの家を建てて、天守閣から「オッほほほ、余は満足じゃ」と叫んでみたいものです。まあ夢ですけど…それか、タワーマンションの最上階から叫ぶも良し、バーチャルに各方角にモニターをつけて(ry

虚しいのでやめます。「勝手」と書いて「ゆめ」と呼べばいいですよね(今作りました)。

 

f:id:tecchannel:20180626190941j:image最後に、天守閣の天井に「祠」があり、手を合わせて階段を降り始めました。(コレは初めての経験でした)

 

忘れてましたね、急なことを。いっそ、消防署みたいに「棒」を一本つけといてもらえればありがたかったんですが、登る時より下る方が大変で常にダイブする危険性がつきまといました。誰か「高所恐怖症」を治す方法を教えてくださいませんかね。最初から行くな、というアドバイスは無しで。

 

しかし、およそ500年前の建造物が現存しているなんて、よくよく考えてみれば奇跡ですよね。リノベして住んでみたいですね。もちろんエレベーターつけて。それじゃあまた、バッハッハーイ

 

 

 

 

 

 

坂本龍馬

どもー、おっさんです。ほぼ1ヶ月ぶりの登場になってしまいましたが、皆さん、お変わりありませんか?

おっさんは現在、博多に戻ってますが、6/6から再び名古屋に戻るという、多忙な生活になってます。思えば昨年5月のGW明けから名古屋に降り立ち、11月に博多に戻ったかと思えば、2月から岐阜、4月から兵庫、すぐ岡山、5月から愛媛、と毎日が出張の日々。そして、6/6から再び、名古屋…今回、博多にいるのが10日間だけなんですけど…

 

さて、そんな忙しい毎日には負けんぞ、と行く先行く先で世界遺産巡りをしてきたわけなんですが、先月、世界遺産でもなんでもないですけど、土佐は高知の桂浜に行ってきました。

f:id:tecchannel:20180604153101j:imagef:id:tecchannel:20180604153055j:image
f:id:tecchannel:20180604153058j:image

実はおっさん、大学生の頃、1回訪れております。その時は、単車で、一人で四国一周しました。この時の体験は今でも宝ですね。当時、九州(台風上陸中)から四国(四国は快晴)へとフェリーで渡り(フェリー乗場まで300km)、600km走り、素泊りして翌日900km走って素泊り(この時、桂浜を訪れました)、そして翌日、600km走って、フェリーで九州へ渡り、家まで300kmという無茶なスケジュールでした。今、こんなスケジュールを強制されたら怒りますね。おっさんになった今ではこんなことできません。

 

何故、桂浜かというと、おっさんが敬愛している「坂本龍馬」像があるからです。

f:id:tecchannel:20180604154251j:imagef:id:tecchannel:20180604154259j:imagef:id:tecchannel:20180604154244j:imagef:id:tecchannel:20180604154303j:imagef:id:tecchannel:20180604154247j:image

ご存知の通り、「坂本龍馬」なる人物は江戸末期に登場しますが、人生を急いで駆け抜けた偉大な人物です。現在の言葉で表すと、「イノベーティブ」がピッタリかと。

 

日本人で初めて「新婚旅行」に行ったとか、日本で初めての「株式会社」である「亀山社中」を作ったとか。しかしながら、出る杭は打たれてしまいましたが…

 

何年か前に大河ドラマで、「龍馬伝」がありましたが、そうです、福山雅治演じる、龍馬像も正直なところ、面白かったです。

 

高知は海の景色が綺麗です。

f:id:tecchannel:20180604160827j:image
f:id:tecchannel:20180604160859j:image
f:id:tecchannel:20180604160846j:image
f:id:tecchannel:20180604160843j:image
f:id:tecchannel:20180604160908j:image

そして、高知で外してはならないのが、「室戸岬」の夕日でしょう。

f:id:tecchannel:20180604161117j:image

そうなんです、大学生のおっさんも、この夕日を見るために四国へと渡ったはずなんですが、時間調整失敗で見ることができませんでした。これで胸のつかえも取れ、新たな目標に向かって行けます。

 

しかし、四国という所はなんて見どころ満載な所なんでしょう?それじゃあまた、バッハッハーイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界遺産 姫路城

どもー、おっさんです。GW連休最後の日になりました。今日はヒッキーです。もう毎日が平成最後の日なんですねー(平成最後の5/7という具合に)。今年のGWは自宅で寝たのが2日間でした。墓参りだの、同窓会だの、ちょっとハード過ぎました。

 

さて、4月上旬、兵庫県にいたので、かねてより狙ってました、姫路城❗️行って参りました。最初の感想は、「広い!デカイ!」で最後の感想は「疲れた!」でしたね。今まで写真でしか見たことがなかったので、これほどとは夢にも思わなかったです。

 

ウィキペディアによると、1364年赤松貞範によって築城され、羽柴秀吉が居城し、出世の拠点となったことから、「出世城」とも呼ばれ、別名「白鷺城(シラサギジョウよりもハクロジョウと呼ぶ方が正しい)」とも呼ばれ、世界遺産でもあり、国宝でもあります。また、「国宝五城」や「三名城」、「三大平山城・三大連立式平山城」、「日本100名城」なんて呼ばれてるとのことです。かの、黒田官兵衛が生まれ育ったお城としても有名です。まあ、なんだ、すごいんです。

 

おっさんはおっさんなので、寺社仏閣城巡りが好きでちょくちょく見学に行ってます。中国地方でめぼしいのは、あと、厳島神社ですかねー。あ、ここも世界遺産ですね。

 

で、先ずは「千姫」ゆかりの西の丸・化粧櫓を巡る西の丸ルートから出発です。

f:id:tecchannel:20180507151500j:imagef:id:tecchannel:20180507151528j:imagef:id:tecchannel:20180507151555j:imagef:id:tecchannel:20180507151608j:imagef:id:tecchannel:20180507151621j:imagef:id:tecchannel:20180507151631j:imagef:id:tecchannel:20180507151649j:imagef:id:tecchannel:20180507151702j:imagef:id:tecchannel:20180507151727j:imagef:id:tecchannel:20180507151745j:imagef:id:tecchannel:20180507151754j:imagef:id:tecchannel:20180507151808j:imagef:id:tecchannel:20180507151824j:imagef:id:tecchannel:20180507151846j:imagef:id:tecchannel:20180507151903j:image

もう少し早い時期だと、桜が綺麗だったろうなー。とにかく広い。

f:id:tecchannel:20180507152117j:imageコレは反則です。ビックリして、体が固まってしまいました。危うくiPhone落としそうになりました。

f:id:tecchannel:20180507152342j:imagef:id:tecchannel:20180507152426j:imageここまでが百間廊下〜化粧櫓までの景色です。次からは本丸ですよ。

f:id:tecchannel:20180507152807j:imagef:id:tecchannel:20180507152815j:imagef:id:tecchannel:20180507152826j:imagef:id:tecchannel:20180507152841j:imagef:id:tecchannel:20180507152906j:imagef:id:tecchannel:20180507152926j:imagef:id:tecchannel:20180507152936j:imagef:id:tecchannel:20180507152959j:imagef:id:tecchannel:20180507153014j:imagef:id:tecchannel:20180507153027j:imagef:id:tecchannel:20180507153042j:imagef:id:tecchannel:20180507153056j:imagef:id:tecchannel:20180507153105j:imagef:id:tecchannel:20180507153113j:imagef:id:tecchannel:20180507153123j:imagef:id:tecchannel:20180507153132j:imagef:id:tecchannel:20180507153143j:imagef:id:tecchannel:20180507153152j:imagef:id:tecchannel:20180507153200j:imagef:id:tecchannel:20180507153208j:imagef:id:tecchannel:20180507153217j:imagef:id:tecchannel:20180507153230j:imagef:id:tecchannel:20180507153238j:imagef:id:tecchannel:20180507153246j:imagef:id:tecchannel:20180507153254j:imagef:id:tecchannel:20180507153301j:imagef:id:tecchannel:20180507153314j:imagef:id:tecchannel:20180507153332j:imagef:id:tecchannel:20180507153432j:imagef:id:tecchannel:20180507153455j:imagef:id:tecchannel:20180507153524j:imagef:id:tecchannel:20180507153542j:imagef:id:tecchannel:20180507153551j:imagef:id:tecchannel:20180507153600j:imagef:id:tecchannel:20180507153608j:imagef:id:tecchannel:20180507153623j:imagef:id:tecchannel:20180507153640j:imagef:id:tecchannel:20180507153652j:imagef:id:tecchannel:20180507154041j:image

はい、お疲れ様でした。しっかし、柱や梁の太いこと太いこと。ここでも、外国人が9割を占め、インターナーショナルなことを実証していました。存在感ありありでしたね〜。

 

行き道は雨降りそうだったんですが、なんとか持ち直してくれ、晴れ間も見えてきましたね。そうです!おっさんは晴れ男なんです。またある時はブロガーで、またまたある時はドトーラー。しかしてその実態は・・・おっさんです。

 

しかし、最初で最後のチャンスを生かせて、余は満足じゃ。それじゃあまた、バッハッハーイ

 

営業の方はぜひ!

PR:天才詐欺師のマーケティング心理技術

http://directlink.jp/tracking/af/1464474/dBjXeaov/

 

ハウステンボス ♪

どもー、おっさんです。どーも、どもども。久しぶりの連休で、やっとブログの時間が取れました。1ヶ月前くらいに九州は長崎が誇る「ハウステンボス」に行って参りました。目的は「世界一」と言われる夜のイルミネーションです。

 

3月の半ば、生憎の雨・・・とは言っても最初の30分くらいだったでしょうか。6:00pmには暗くなると思ってましたが、さすが九州!暗くなりません。今回は彼女と彼女のお母さんと一緒でした。4:00pm過ぎには着いてしまって、アトラクション♪という年でもないので、「散策コース」とやらを。おっさんは、おっさんのくせに、普段車に乗っていることが多く、歩くことに多少難が…(はい、怠け者です)

 

入口ゲートをくぐると、さあ、チューリップのお出迎えです。いたるところに咲いてました。3人でボチボチ歩きながら先ずはショッピング。と言ってもおっさんがチーズを買っただけでした(温めると、トローっと溶けるゴーダチーズです。濃厚です。今でも冷蔵庫の中で眠ってます。)。この時点で5:00pm。曇ってる割にまだまだ明るい。ハウステンボスはオランダを表現してますが、当然ありました、「風車」です。この「風車」を見て、頭に浮かんだのは、かの「ドン・キホーテ」が怪物を退治しようとして、槍だか、刀だかを持って突っ込んで行ったという話。どこをどう見たら怪物に見えるのか、一瞬悩みましたが、アレですかね?「ドン・キホーテ」さんは頭がチョット、アレな人なんですかね?

 

さて、7:00pm過ぎてやっと暗くなり始めました。

f:id:tecchannel:20180416173447j:image

まだまだ感動するには早過ぎます。

f:id:tecchannel:20180416173546j:imagef:id:tecchannel:20180416173615j:imagef:id:tecchannel:20180416173632j:imagef:id:tecchannel:20180416173638j:imagef:id:tecchannel:20180416173649j:imagef:id:tecchannel:20180416173702j:imagef:id:tecchannel:20180416173721j:imagef:id:tecchannel:20180416173733j:imagef:id:tecchannel:20180416173741j:imagef:id:tecchannel:20180416173747j:image

だんだんとそれらしくなってきました。

 

ハウステンボス」、何が世界一かと言いますと、ズバリ、電球の数です。確かギネスにも載ってたはずです。物凄く、ものすごーく歩いた気がします。お母さんが薄着だったので、おっさんの上着を貸してあげました(彼女の顔をうかがいながら)。結果、風邪をひかせなかったので良しとします。

 

結局、入口から最奥まで来たので、タクシーを捕まえて、出口まで戻ってきました。途中、パレードに遭遇し、通り過ぎるまで、間近で見物できたのは運が良かったです。つか、タクシーって・・・

 

最近、中国地方に移ったので、今後、姫路城に行った記事もアップしていきます。乞うご期待です。それじゃあまた、バッハッハーイ

 

世界遺産 白川郷

どもー、おっさんです。いやいやいや、2ヶ月ぶりの登場となりました。皆さん、お元気ですか?毎日が出張!といったところです。この2ヶ月、名古屋から岐阜へと移り、そして、現在は兵庫県、明日から岡山県と風来坊のごとく、また確実に博多に近づいております。

 

さて、せっかく岐阜にいるので、先日憧れの世界遺産、「白川郷」へ彼女と遊びに行って参りました。岐阜市内より高速を飛ばすこと2時間半、途中雪の残る山肌を望み、やって参りました「白川郷」。

f:id:tecchannel:20180409220349j:image「合掌造り」と言われる藁葺きの屋根で有名です。

ホントは、冬の白川郷の幻想的なを見てみたかったんですが、なんせ、おっさんは寒がりで、断念しました。

 

f:id:tecchannel:20180409222414j:imagef:id:tecchannel:20180409222513j:imagef:id:tecchannel:20180409223824j:image明善寺(築、約800年以上)

現地の方に聞いたところ、この藁葺きの建物、古いもので、800年は経ってるそう。30年に1度は葺き替えをしているそうで、割と新しいものを見つけました。

f:id:tecchannel:20180409221326j:image

この建物、ほとんどが民宿になっており、宿泊もできるとのこと。

f:id:tecchannel:20180409222116j:image恋、いえ、鯉です。f:id:tecchannel:20180409221545j:image鱒です。

蕎麦専門のお店で食べたお蕎麦が美味しかったですね。

 

観光客がかなり多く、いろんなお国柄が垣間見えました。さすが、「世界遺産」。駐車場は広く、1日1,000円で、この世界遺産を維持していくための原資になってるとのこと。大変なんですな。

 

f:id:tecchannel:20180409223804j:imagef:id:tecchannel:20180409223810j:imagef:id:tecchannel:20180409223817j:imagef:id:tecchannel:20180409223912j:imagef:id:tecchannel:20180409224129j:imagef:id:tecchannel:20180409224212j:image

いや〜やっぱり、冬に訪れてみたいな〜

それじゃあ、また、バッハッハーイ

 

営業の方にぜひ!

PR:天才詐欺師のマーケティング心理技術

http://directlink.jp/tracking/af/1464474/dBjXeaov/

 

土岐プレミアムアウトレット

どもー、おっさんです。毎日寒くて、「ひょっとしたら、寒すぎて、今日は仕事しなくていいんじゃないか?」と毎日錯覚しているおっさんですが、もちろん、毎日仕事しております。

 

さて、先日、岐阜県土岐市にある、「土岐プレミアムアウトレットモール」に彼女と行ってまいりました。感想は、気に入りました。ええ、それはもう。コレは運命じゃないか、と思われるような勢いでした。

まず、おっさんの好きなブランドが多い、ちょっとだけお安い、品数が多い、と興奮しました。で、最初に入ったお店はというと、「Champion」、そうです、パーカー屋さんですね。かつて、イタリアの種馬「ロッキーバルボア」が世界チャンピオンの「アポロ」戦を前に、トレーニングで、走って、走って、生卵を飲んでた時に着ていたグレーのウエアーが「Champion」のスエットでしたね。

 

お店に入ると、カラフルなパーカーがお出迎えです。見ると欲しくなるのが人情というもので、一周して買ったのが、アウトレット限定の「ニット帽」。コレを色違いで、ペアでご購入です。あまりに寒くてレジでタグを取ってもらい、かぶってお店を出ました。そうです、情けないんです。国に「冬眠Week」を作ってもらいたいです。

 f:id:tecchannel:20180206223713j:image

で、次に入ったのが「BrooksBrothers」。ここでは一周しただけでした。次に「NewYorker」を見ようか迷っていると、彼女がトイレへ。外で凍えながら待って、グルっと回って、「LeVI’S」で「501」を見て、「来月買おう!」と心に決めて、彼女の「ドトールのチーズケーキが食べたい」のリクエストに応えて、ドトールへ行きました。もちろんおっさんも食べましたが、チーズケーキを食べてる彼女の幸せそうな顔を見て、ニヤついてしまったのは内緒のお話。

 

この日は、お互い車で待ち合わせ場所に高速で向かい、落ち合った所で、手作りお弁当をいただき(2回目)、満足したところで、アウトレット、ドトールにおっさんの車で動いて、終わりました。そうなんです、完全に餌付けされて、しっかり胃袋を掴まれました。アッと言う間に時間が過ぎて、バイバイした後、おっさんは下道で名古屋までゆっくりと帰り、その途中、ミニストップで、ソフトクリームとホットコーヒーを買い、家路に着いたのは、彼女も知りません。

 

おっさんはお酒が好きですが、甘いものにも目がありません。九州でも「両刀使い」で珍しがられてます。というわけで、それじゃあまた、え?なんで九州にいるはずなのに、名古屋まで帰るかって?……はい、また名古屋に戻されました。九州は3ヶ月でした。そんなわけで、名古屋の皆様、また、よろしくお願いします。それじゃあまた、バッハッハーイ