てっチャンネルのブログ

ガジェット大好きおっさんが普段の生活をつらつらと語っていきます。

坂本龍馬

どもー、おっさんです。ほぼ1ヶ月ぶりの登場になってしまいましたが、皆さん、お変わりありませんか?

おっさんは現在、博多に戻ってますが、6/6から再び名古屋に戻るという、多忙な生活になってます。思えば昨年5月のGW明けから名古屋に降り立ち、11月に博多に戻ったかと思えば、2月から岐阜、4月から兵庫、すぐ岡山、5月から愛媛、と毎日が出張の日々。そして、6/6から再び、名古屋…今回、博多にいるのが10日間だけなんですけど…

 

さて、そんな忙しい毎日には負けんぞ、と行く先行く先で世界遺産巡りをしてきたわけなんですが、先月、世界遺産でもなんでもないですけど、土佐は高知の桂浜に行ってきました。

f:id:tecchannel:20180604153101j:imagef:id:tecchannel:20180604153055j:image
f:id:tecchannel:20180604153058j:image

実はおっさん、大学生の頃、1回訪れております。その時は、単車で、一人で四国一周しました。この時の体験は今でも宝ですね。当時、九州(台風上陸中)から四国(四国は快晴)へとフェリーで渡り(フェリー乗場まで300km)、600km走り、素泊りして翌日900km走って素泊り(この時、桂浜を訪れました)、そして翌日、600km走って、フェリーで九州へ渡り、家まで300kmという無茶なスケジュールでした。今、こんなスケジュールを強制されたら怒りますね。おっさんになった今ではこんなことできません。

 

何故、桂浜かというと、おっさんが敬愛している「坂本龍馬」像があるからです。

f:id:tecchannel:20180604154251j:imagef:id:tecchannel:20180604154259j:imagef:id:tecchannel:20180604154244j:imagef:id:tecchannel:20180604154303j:imagef:id:tecchannel:20180604154247j:image

ご存知の通り、「坂本龍馬」なる人物は江戸末期に登場しますが、人生を急いで駆け抜けた偉大な人物です。現在の言葉で表すと、「イノベーティブ」がピッタリかと。

 

日本人で初めて「新婚旅行」に行ったとか、日本で初めての「株式会社」である「亀山社中」を作ったとか。しかしながら、出る杭は打たれてしまいましたが…

 

何年か前に大河ドラマで、「龍馬伝」がありましたが、そうです、福山雅治演じる、龍馬像も正直なところ、面白かったです。

 

高知は海の景色が綺麗です。

f:id:tecchannel:20180604160827j:image
f:id:tecchannel:20180604160859j:image
f:id:tecchannel:20180604160846j:image
f:id:tecchannel:20180604160843j:image
f:id:tecchannel:20180604160908j:image

そして、高知で外してはならないのが、「室戸岬」の夕日でしょう。

f:id:tecchannel:20180604161117j:image

そうなんです、大学生のおっさんも、この夕日を見るために四国へと渡ったはずなんですが、時間調整失敗で見ることができませんでした。これで胸のつかえも取れ、新たな目標に向かって行けます。

 

しかし、四国という所はなんて見どころ満載な所なんでしょう?それじゃあまた、バッハッハーイ

 

PR : 

件名:英語上達の秘訣ルーツ

著者の本城武則、


彼は昔、英語が大の苦手科目でした。
それにも関わらず、26歳で渡米し
飛行学校に入学。


ただ当然、
英語が全く話せなかったため、
飛行教官にもさじを投げられ、
帰国を考えていた。


そんなある時、、、
運命的に出会ったあるノルウェー人教官
から英語の手ほどきを受けることで
苦手としていた英語がペラペラに。


そして、
米国出身ではない
ノルウェー出身の教官から
学んだこともあり
よりどんな人でも
英語が学びやすいメソッド
だったのかもしれません。


著者である彼は
「こんなすぐに英語が話せるんだ!」
と感銘を受け、学んだことを
日本で普及させるため
「本城式英会話スクール」
を立ち上げたのです。


すると、その結果
もちろんスクールは大盛況。


行列のできる英会話教室として
雑誌の"anan"にも紹介され、
現在では東京、横浜、
大阪でもスクールを開校し、
他にも、著書8冊を出版されています。


そして、
今回ご紹介いただいているのは
その英語力アップの秘訣を
書籍にしたものです。

英語上達の秘訣をチェック
http://directlink.jp/tracking/af/1464474/t5feIvEq/