読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てっチャンネルのブログ

ガジェット大好きおっさんが普段の生活をつらつらと語っていきます。

理解できたらゾッとする話

どもー、おっさんです。今日も「理解できたらゾッとする話」いってみよう。

 

ちなみに、実話です。前回、おっさんが転勤した支社のパソコンの話をしましたが、その支社での別のお話です。この会社ではフレックスタイムでおっさんは昼から出社してたんですが、朝、パートのおばちゃんたちが清掃をしてくれます。

 

外周りや、屋内の掃除機がけなんかですが、おっさんはちょっと早めに出社して、仕事の準備するわけなんですけど、あるおばちゃんだけが、掃除機かけた後、必ず「あー、掃除機かけた後って、なんでこんなに肩凝るの〜?」なんて言ってたんですけど、他のおばちゃんたちは誰一人言わなかったんです。それで、おっさん含め、他のおばちゃんたちから、「老けるにはまだ早いわよ〜」なんて言われてたんですが、おっさんは、微妙な立場だったので、笑って誤魔化してました。

 

清掃の場所も、順番も、大体決まっており、肩が凝りだすのも同じ場所とのことで、「と言うことは、時間も大体決まってるんじゃないか?」と思い、その場所を聞いておいて、そのおばちゃんが次に掃除機がけの担当の日を聞いて、その日に間に合うように早く出社をしてみたんです。

 

で、こそーっと覗いて見ました。もうね、その支社では、何があっても驚かないようになってたんですが、さすがに、ゾッ〜っとしました。はい、おばちゃん、子供をおんぶしてました。モチロン、自分の子供じゃなくて、しかも、この世の子供でもないです。

 

おっさんはしばらく悩みました。ええ、それはもう。この辺りで、「お祓い」を考えました。でも、急にはできません。結局はお祓いすることになるんですが、それはもうちょっと後のこと。

 

まず、手をつけたのは、責任者である、おっさんの立場を利用して、おばちゃん一人一人と面談をしようと、リーダーおばちゃんに相談しました。実はこの、リーダーおばちゃん、霊感ある人で(そんなに高いわけではないんですが)、違和感は感じていたと。で、おっさんから、「コレコレこうで」と理由を話すと、アッサリと納得してくれ、他のおばちゃんたちには、「困ったこと」や「相談事」はないかをヒアリングすると、何もなく、例のおばちゃんからも何も意見が出なかったので、おっさんは水面下で動くことにしました。

 

やったことは、本社への、この支社での確認と、この支社の土地のオーナーへの確認です。確かにやった甲斐はありましたね。詳細は次回お話しします。今日はこのあたりでまた、バッハッハーイ